「学び直し」で多様な人材育成=デジタル化・規制改革を具体化―諮問会議

政治・外交

政府は23日午前、経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)を開いた。菅政権の最優先課題であるデジタル化と規制改革の具体化に向けて議論。民間議員は、社会人が学び直すリカレント教育の普及を通じた多様な人材の育成などの改革案を提示した。

菅首相は会議で、「官民のデジタル化が(成長の)大きなテコになる」と述べ、デジタル化への取り組みを加速させる考えを強調。田村憲久厚生労働相に対し、年内にテレワークや兼業・副業など新たな働き方に対応した就業ルールを策定するよう指示した。

経済財政諮問会議で発言する菅義偉首相(手前)=23日午前、首相官邸経済財政諮問会議で発言する菅義偉首相(手前)=23日午前、首相官邸

経済財政諮問会議で発言する菅義偉首相(手前左)=23日午前、首相官邸経済財政諮問会議で発言する菅義偉首相(手前左)=23日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 労働・雇用行政 日本