学術会議見直し「年末に結論」=井上科技相、梶田会長と初会談

政治・外交

日本学術会議を所管する井上信治科学技術担当相は23日、同会議の梶田隆章会長と内閣府で会談し、会議の在り方の見直しに向けた検討状況を年内に報告するよう求めた。この後、記者会見し、「いろいろ意見交換しながら私の方からも、物を申す形で年末までに結論を出したい」と述べた。梶田氏は要請に応じる考えを示した。

両氏の会談は初めて。梶田氏は、会議が推薦した会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかった問題の解決を重視する考えを伝えた。井上氏は任命見送りの理由について「任命権者ではない」として説明しなかった。

井上氏は「未来志向で今後の会議の在り方をお互いに考えていきたい」と呼び掛けた。会議に関し「国の予算を投じる機関として本来発揮すべき役割をより適切に果たし、国民に理解される存在であるべきだ」と強調した。政府が行政改革の対象としていることも説明した。

これに対し、梶田氏は「広く国民との対話を通じて役割をより発揮できるよう取り組みを強化したい」と説明。「提言機能、情報発信力、国際活動などで検討すべき課題がある。まずは学術会議で検討を進め、年末をめどに状況を報告したい」と述べた。

学術会議は政府に対し、6人の任命を見送った理由の説明と、6人の任命を求めている。梶田氏は会談で「今後の大臣との率直な対話のためにもこの問題の解決が大変重要だ」と伝えた。

首相は先に井上氏に対し、梶田氏と意思疎通を図りながら同会議の役割や機能の見直しを検討するよう指示した。

日本学術会議の梶田隆章会長(左)と会談する井上信治科学技術担当相=23日、東京都千代田区日本学術会議の梶田隆章会長(左)と会談する井上信治科学技術担当相=23日、東京都千代田区

井上信治科学技術担当相との会談後、取材に応じる日本学術会議の梶田隆章会長=23日午前、東京都千代田区井上信治科学技術担当相との会談後、取材に応じる日本学術会議の梶田隆章会長=23日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 科学技術政策 日本