年末はぜいたく巣ごもり=高級和牛に京野菜―お歳暮商戦本格化

経済・ビジネス

「年末はぜいたく巣ごもり」。来週以降、大手百貨店のお歳暮商戦が本格的に始まる。新型コロナウイルス流行下の「特別な冬」に向け、各社は高級和牛や京野菜など自宅で楽しめる高級料理・食材に力を入れている。

28日から順次ギフトセンターを開設する高島屋は「〈シェ松尾〉黒毛和牛塩釜焼きローストビーフ」(1万1880円)を売り出す。黒毛和牛もも肉を瀬戸内の海塩で包んで焼いており、自宅でレストラン気分を味わえるという触れ込みだ。そごう・西武の「冬の京野菜詰合せ」(5940円から)はレシピ付き。広報担当者は「こだわりの食材で、料理の時間も楽しんでもらえたら」と話す。

松屋銀座は、産地直送の「〈下関・まいづる〉国産とらふぐ刺身セット」(4536円)、「〈叙々苑〉焼肉ライスバーガー特製8個セット」(5200円)を取りそろえる。夏の中元商戦でも自宅用が人気を集めており、需要獲得を狙う。

三越伊勢丹は浮世絵を缶にあしらったビールのセットを用意し、ぜいたく気分を演出する。価格は3000~5000円台が中心だ。

各社とも「3密」を避けるためにオンライン注文が増えると想定。店頭に先立って既に始まったが、前年を上回る好調な滑り出しという。

高島屋の「〈シェ松尾〉黒毛和牛塩釜焼きローストビーフ」(同社提供)高島屋の「〈シェ松尾〉黒毛和牛塩釜焼きローストビーフ」(同社提供)

そごう・西武の「冬の京野菜詰合せ」(同社提供)そごう・西武の「冬の京野菜詰合せ」(同社提供)

松屋銀座の「〈下関・まいづる〉国産とらふぐ刺身セット」(同社提供)松屋銀座の「〈下関・まいづる〉国産とらふぐ刺身セット」(同社提供)

三越伊勢丹が売り出す、浮世絵の役者絵があしらわれたビールのセット=22日午後、東京都中央区三越伊勢丹が売り出す、浮世絵の役者絵があしらわれたビールのセット=22日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本