ポッキー、英国で3割安に=貿易協定、日本により恩恵

経済・ビジネス 政治・外交

【ロンドン時事】日本と英国の経済連携協定(EPA)の署名を受け、英政府は23日、日本から輸入されるチョコレート菓子「ポッキー」の関税が最大で31%安くなると発表した。英政府が同日公表した経済効果の試算では、日本から英国への輸出の方が、英国から日本への輸出よりも大きな恩恵を受けるという。

ポッキーは江崎グリコ(大阪市)が販売するお菓子で、日本国内だけでなく世界でも人気がある。

このほか、うどんが最大で13%、クロマグロが22%、神戸牛が60%、しょうゆも6%、それぞれ輸入関税が引き下げられる。英政府は「もしあなたが日本食品のファンなら、日英協定は朗報だ」と説明している。

経済効果をめぐっては、日本から英国への輸出額は約15年後に2019年比で79.9%、金額130億ポンド(約1兆8000億円)増加する。一方、英国から日本への輸出も17.2%、金額では26億ポンド伸びると推計した。

江崎グリコのチョコレート菓子「ポッキー」(同社提供)江崎グリコのチョコレート菓子「ポッキー」(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商・貿易・対外投資 通商政策 日本 大阪府 大阪市