富山知事に新田氏初当選=自民分裂、現職5選阻む

政治・外交

任期満了に伴う富山県知事選は25日に投開票が行われ、無所属新人で日本海ガス前社長の新田八朗氏(62)が、5選を目指した現職の石井隆一氏(74)、NGO代表で新人の川渕映子氏(71)の無所属候補2人を破り、初当選を果たした。自民党県連は石井氏の推薦を決めたものの、一部県議らが新田氏の支援に回り、事実上の分裂選挙となった。投票率は過去最低の前回(35・34%)を大幅に上回る60.67%だった。

新田氏は、昨年12月にいち早く出馬表明。企業経営の経験を生かし、民間のスピード感を取り入れた県政運営や、経済の立て直しを訴えた。自民県連からの推薦がない中でも、党所属の一部地方議員のほか、実姉で前北海道知事の高橋はるみ参院議員や森雅志富山市長らの支援を受け、県内各地で浸透した。

一方、自民、公明、国民民主各党の県組織からの推薦を得た石井氏は、新型コロナウイルス対策を最優先課題に掲げるとともに、財政再建などを進めた手堅い行政手腕をアピール。組織力を生かした選挙戦を展開したが、自民分裂の影響を受けて、票を十分に取り込めなかった。

共産、社民両党の県組織からの「応援」を受けた川渕氏は、子育て施策の充実を主張したが、支持を広げられなかった。

新田八朗氏新田八朗氏

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 日本 北陸 富山県 富山市