核禁条約「署名しない」=オブザーバー参加にも慎重―加藤官房長官

政治・外交

加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、核兵器禁止条約の2021年1月発効が確定したことに関し、「条約はわが国のアプローチとは異なる」と指摘し、「署名は行わない考え方に変わりはない」として不参加の方針を改めて示した。

発効から1年以内にスタートする締約国会議へのオブザーバー参加に関しても、「具体的に申し上げる状況にない」としつつ「わが国の立場に照らし慎重に見極める必要がある」と強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面) 日本