シャンシャンとの別れ、ネットで=中国へ返還前に特別企画―上野動物園

社会 文化

上野動物園(東京都台東区)で生まれた雌のジャイアントパンダ、シャンシャン(3歳)が年末に中国へ返還されるのを前に、同園は28日から、オンラインで未公開映像などを公開する特別企画を始める。新型コロナウイルスの影響で園内でのイベントを全て休止している同園は、「自宅でシャンシャンを楽しんでほしい」としている。

同園のホームページに28日からシャンシャンの写真を掲載。11月3日からはスマートフォンなどで使える壁紙をダウンロードできる。同17日には特設ページを設け、成長を振り返る約3分半の未公開映像を配信する。

公式ツイッターでも11月10日以降、パンダの保全をテーマとした投稿の拡散状況に応じて、ホームページとは別の未公開動画を掲載。同25日からシャンシャンの公開終了日までは、毎朝の様子を写真などを添えて投稿する。

上野動物園で生まれたジャイアントパンダ、シャンシャン(3歳)の特別企画で、園のホームページに掲載される写真(東京動物園協会提供)上野動物園で生まれたジャイアントパンダ、シャンシャン(3歳)の特別企画で、園のホームページに掲載される写真(東京動物園協会提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 趣味・娯楽 文化 社会 環境・生物・自然 中国 日本 東京都