国内の新規感染648人=空港検疫4カ月ぶりゼロ―新型コロナ

社会 暮らし

国内では27日、26都道府県で新たに計648人の新型コロナウイルス感染者が確認された。死者は兵庫県や岡山県など計5人。一方、空港検疫での判明は7月1日以来、約4カ月ぶりにゼロだった。

東京都では新たに158人の陽性が判明し、8日連続で100人を上回った。年代別では20代が41人で最も多く、50代の31人、30代の24人と続いた。65歳以上は34人。重症者は33人で、前日から4人増えた。

宮城県では45人の感染が確認され、1日当たりの最多を更新した。うち32人は仙台市内の専門学校に通う外国籍の生徒で、同校でのクラスター(感染者集団)は、職員を含め85人となった。大阪府では142人の感染が判明。今月に入り新規感染者が3桁となるのは、23日以来2回目。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 東京都