立憲代表、任命拒否「明らかに違法」=学術会議で菅首相追及―衆院代表質問スタート

政治・外交

菅義偉首相の所信表明演説に対する各党代表質問が28日午後、衆院本会議で始まった。最初に質問に立つ立憲民主党の枝野幸男代表は、日本学術会議の会員候補6人を任命しなかったことについて「明らかに違法」と批判、拒否した理由や経緯の説明を求めた。首相が掲げた「脱炭素社会」における原子力政策の在り方も取り上げた。

政権発足後、首相と野党による初の国会論戦。枝野氏は6人除外の判断は政府の会員任命権を「形式的」とした1983年の国会答弁と矛盾すると指摘し、改めて任命すべきだと訴えた。また、学術会議側が作成した105人分の推薦リストを見ていないとした首相の発言に疑問を投げ掛け、「6人を任命しなかったのは首相の判断ではないのか」とただした。

首相は所信表明演説で、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロとする目標を打ち出した。枝野氏はこの目標に対し「原子力発電への依存を強めることがあってはならない」と訴え、脱炭素社会における原発依存度の見通しを問うた。

新型コロナウイルス感染拡大について、枝野氏は大胆な経済対策が必要だと主張。所得税の時限的免除や困窮者への現金給付、時限的な消費税減税に踏み切るよう首相に迫った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 日本