学術会議、人選に「偏り」=任命拒否の理由明かさず―代表質問で菅首相

政治・外交

菅義偉首相の所信表明演説に対する各党代表質問が28日、衆院本会議で始まった。菅内閣発足後初の国会論戦で、首相は日本学術会議会員の人選について「民間出身者や若手が少なく、出身や大学にも偏りが見られる」と指摘し、見直しが必要だと主張。会員候補6人の任命を拒否した理由については「人事に関することで、お答えを差し控える」と説明を拒んだ。立憲民主党の枝野幸男代表への答弁。

枝野氏は、任命拒否を「明らかに違法」と非難し、首相の任命権を「形式的」とした1983年の国会答弁との整合性を追及した。首相は会議側の推薦通りに任命する必要はないとの認識を改めて示し、「内閣法制局の了解を得た政府の一貫した考えだ」と反論、違法性を否定した。

立憲の泉健太政調会長が任命拒否の撤回を求めたのに対し、首相は「今回の任命について変更することは考えていない」と応じなかった。

2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標に関し、枝野氏は原子力発電への依存が高まる可能性に懸念を示した。首相は、原発や再生可能エネルギーの活用を挙げ、「あらゆる選択肢を追求する」と表明した。

新型コロナウイルス感染拡大を受けた雇用調整助成金をめぐり、枝野氏は特例措置の延長を要請。首相は「今後の雇用情勢などを踏まえ、適切に判断したい」と述べた。

衆院本会議で代表質問を行う立憲民主党の枝野幸男代表(手前)=28日午後、国会内衆院本会議で代表質問を行う立憲民主党の枝野幸男代表(手前)=28日午後、国会内

衆院本会議で立憲民主党の枝野幸男代表の質問に答弁する菅義偉首相=28日午後、国会内衆院本会議で立憲民主党の枝野幸男代表の質問に答弁する菅義偉首相=28日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 政党 日本