菅首相、任命拒否「私が判断」=学術会議、組織改革を主張―参院代表質問

政治・外交

菅義偉首相の所信表明演説に対する各党代表質問が29日午前、参院本会議でも始まった。首相は日本学術会議の会員候補6人の任命拒否について、民間出身者や若手研究者の推薦が少ないことを指摘した上で、「多様性が大事であることを念頭に、私が任命権者として判断を行った」と明言した。立憲民主党の福山哲郎幹事長への答弁。

首相は会員の任命に関し、日本学術会議法の解釈変更を否定。学術会議について「国の予算を投じる機関として、国民に理解される存在であるべきだ」と述べ、組織改革の必要性を強調した。

参院本会議で立憲民主党の福山哲郎幹事長の代表質問に対して答弁する菅義偉首相=29日午前、国会内参院本会議で立憲民主党の福山哲郎幹事長の代表質問に対して答弁する菅義偉首相=29日午前、国会内

参院本会議で代表質問する立憲民主党の福山哲郎幹事長=29日午前、国会内参院本会議で代表質問する立憲民主党の福山哲郎幹事長=29日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面) 外交 国会 政党 中国 日本