外務省、中韓豪など危険レベル緩和=ミャンマー、ヨルダンは引き上げ

政治・外交

茂木敏充外相は30日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中国、韓国、台湾、オーストラリアなど9カ国・地域に出している「感染症危険情報」を、これまでのレベル3(渡航中止勧告)からレベル2(不要不急の渡航自粛)へ引き下げると発表した。一方、ミャンマーとヨルダンはレベル2から3に引き上げた。これにより、レベル3の対象は152カ国・地域となった。

これとは別に、世界各国・地域を一律にレベル2(不要不急の渡航自粛)に指定していた一般的な危険情報は全面解除する。国境閉鎖措置が解かれ、国際定期便が徐々に正常化していることを踏まえた判断。政情不安の地域に個別に出している危険情報は維持する。

茂木氏はまた、ベトナムとの短期滞在者を対象とする相互往来を11月1日に開始すると明らかにした。シンガポール、韓国に続き3例目。菅義偉首相が先のベトナム訪問時に首脳会談で合意していた。

感染症危険情報レベルを3から2に引き下げたのは次の通り。

オーストラリア▽韓国▽シンガポール▽タイ▽台湾▽中国▽ニュージーランド▽ブルネイ▽ベトナム。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 オーストラリア 中国 ヨルダン 日本 韓国 ミャンマー ニュージーランド タイ 台湾 ベトナム