GoTo1回7泊まで=支援対象見直し―観光庁

政治・外交

観光支援事業「Go To トラベル」で、観光庁は30日、支援対象を見直し、1回の旅行で支援するのは7泊までに制限すると発表した。長期間の利用はビジネス目的が多いことを考慮した。11月17日以降の販売分から適用する。

観光庁はこれまで、宿泊数の上限を設定していなかった。長期にわたる旅行の場合は、7泊分までが支援対象となり、8泊目以降は除外される。

観光庁は既に、観光を主な目的としない宿泊は支援の対象外とする方針を決定。11月6日以降の販売分から、宿泊料金を大きく超えるサービス付きの旅行商品やビジネス出張を対象から外す。除外するのは、ヨガやダイビングの免許取得講習が付いた宿泊プランなど。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 日本