加藤官房長官、配送ロボット実験を視察=「一日も早く実用化を」

政治・外交

加藤勝信官房長官は31日、日本郵便などによる自動配送ロボットの走行実験を、東京都内で視察した。政府は、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、無人の配送サービス実現を掲げている。視察後、加藤氏は「一日も早く実用化し、感染症防止、生産性向上につなげていきたい」と記者団に語った。

ロボットは縦96センチ、横66センチ、高さ109センチ。病院から郵便局までの約700メートルを、センサーなどで歩道の状況を判断しながら、時速2~3キロで走行した。

自動配送ロボットの公道走行実証実験を視察する加藤勝信官房長官(中央)=31日午前、東京都千代田区自動配送ロボットの公道走行実証実験を視察する加藤勝信官房長官(中央)=31日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本