上野動物園でゾウ誕生=1882年の開園以来初

社会

上野動物園(東京都台東区)は1日までに、アジアゾウ「ウタイ」が雄の赤ちゃんゾウを出産したと発表した。同園でゾウが誕生するのは、1882年の開園以来初めて。

同園によると、赤ちゃんゾウは10月31日午前5時44分に生まれた。背中までの高さ1メートル、体重120.5キロで、母子ともに健康状態は良好という。公開日は未定で、決まり次第公表する。

ウタイはタイで生まれ、天皇、皇后両陛下の長女愛子さまの誕生を祝って、2002年に赤ちゃんゾウの父親「アティ」と共に同園に寄贈された。昨年1月にウタイとアティの交尾が確認されたが、アティは今年8月に結核で死んだ。

東京都台東区の上野動物園で10月31日に生まれたゾウの赤ちゃん(東京動物園協会提供)東京都台東区の上野動物園で10月31日に生まれたゾウの赤ちゃん(東京動物園協会提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 東京都