学術会議「閉鎖的で既得権益」=菅首相、組織改革を主張―衆院予算委スタート

政治・外交

衆院予算委員会は2日午前、菅義偉首相と全閣僚が出席して、基本的質疑に入った。首相は日本学術会議の会員選考について「閉鎖的で既得権益のようになっている」と批判。改革の必要性を強調した。自民党の大塚拓氏への答弁。

首相は「会員約200人、連携会員約2000人の先生と関係を持たなければ、全国で90万人いる(研究者の)方が会員になれない仕組みだ」と問題視。会員候補6人の任命拒否問題について「推薦した方をそのまま任命する前例を踏襲するのはやめるべきだと判断した」と正当性を訴えた。

衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=2日午前、国会内衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=2日午前、国会内

衆院予算委員会で質問する自民党の下村博文氏(手前)=2日午前、国会内衆院予算委員会で質問する自民党の下村博文氏(手前)=2日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 日本