8日に「立皇嗣の礼」=新型コロナで7カ月延期―秋篠宮さま皇位継承順位1位

社会

秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となられたことを国内外に示す「立皇嗣の礼」が8日、皇居で行われる。皇位継承に伴う一連の行事の締めくくりとして、当初は4月19日に実施する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期になっていた。

関連行事は、5日に天皇陛下が伊勢神宮(三重県)などに使者を派遣する「勅使発遣の儀」で始まる。8日には皇居・宮殿で、秋篠宮さまが皇嗣になったことを陛下が宣言する中心儀式「立皇嗣宣明の儀」と、秋篠宮さまに陛下が会う「朝見の儀」がいずれも国事行為として行われる。皇室に代々伝わる皇太子の守り刀「壺切御剣」を陛下が秋篠宮さまに渡す行事もある。この日、天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻は装束姿で宮中三殿を参拝し、行事挙行を報告。ご夫妻は以後、宮中三殿の殿上に上がって拝礼する。

8日に「立皇嗣の礼」に臨まれる秋篠宮さま(写真は今年の新年一般参賀)=1月、皇居・宮殿8日に「立皇嗣の礼」に臨まれる秋篠宮さま(写真は今年の新年一般参賀)=1月、皇居・宮殿

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本 東海 三重県