外来ザリガニ飼育・販売禁止=2日から特定生物

政治・外交 社会

アメリカザリガニを除く外来種のザリガニ全種が「特定外来生物」に指定され、飼育や販売が2日から原則禁止となった。逃げたり捨てられたりした場合、生態系に悪影響を及ぼす恐れがあるため。一方、アメリカザリガニは飼育している人が多く、指定すると野外への遺棄が懸念され、今回は対象から外れた。

特定外来生物は、生態系や人の生命・身体、農林水産業に被害を及ぼす恐れのある外来種で、強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」などが指定されている。

飼育や販売が原則禁止された外来ザリガニ「ミステリークレイフィッシュ」(自然環境研究センター提供)飼育や販売が原則禁止された外来ザリガニ「ミステリークレイフィッシュ」(自然環境研究センター提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境行政(生物多様性も、統計類も) 環境・生物・自然 社会 日本