大飯4号機、定期検査で停止=関電、3年半ぶり原発稼働ゼロ

経済・ビジネス

関西電力で唯一稼働していた大飯原発4号機(福井県おおい町)が3日、定期検査のため稼働を停止した。12月下旬に高浜原発3号機(同県高浜町)が再稼働するまでの約1カ月半、関電で稼働中の原発はゼロになる。関電の原発がすべて停止するのは2017年5月以来、約3年半ぶり。

大飯4号機の定期検査では、設備の保全対策として配管の超音波検査や交換を実施。燃料の取り換え作業も行う。営業運転は来年2月中旬に再開する予定。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 電力 財務 生産 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本