マスク拒否なら乗車お断り=都内タクシー業者に認可―国交省

政治・外交

国土交通省は4日、マスク着用を拒否する客のタクシー利用を運転手が断れるようにする運送約款の変更を東京都内の10事業者に認可した。マスクをせずに車内で大声で話す客がいるなどとして、新型コロナウイルス感染対策のため、各事業者が約款変更を申請していた。

通常の運送約款では、乗車拒否できるのは暴れたり、危険物を持ち込んだりした場合などに限られる。マスクを理由にした乗車拒否を認可するのは初めて。

病気などの正当な理由がないのにマスク着用の要請に応じない場合は乗車を断れる。理由の聞き取りなどが条件となっており、マスク未着用者を一律に乗車拒否することはできない。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸政策 日本