香川で鳥インフル=2年10カ月ぶり、33万羽殺処分へ―鶏肉・卵の輸出、一時停止

政治・外交 社会

農林水産省は5日、香川県三豊市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したと発表した。国内の養鶏場では2018年1月以来2年10カ月ぶり。飼育している約33万羽は殺処分される。

鶏肉や卵の輸出はいったん停止する。農水省は、同県以外からの輸出については継続できるよう相手国・地域と交渉する方針。

官邸で同日開かれた関係閣僚会議で、加藤勝信官房長官は「政府一丸となって、感染拡大防止のために万全の対応を取っていきたい」と述べた。

香川県は4日、今回の養鶏場から鶏が死ぬケースが増えたとの連絡を受け、立ち入り検査を実施。さらに遺伝子検査を行い、5日に感染の疑いがある「疑似患畜」であることを確認した。

県は鶏の殺処分と同時に、半径3キロ圏内にある26戸の養鶏場に対し鶏や卵を移動させないよう、3~10キロの89戸には鶏などを10キロ圏外に持ち出さないよう、それぞれ求めた。

鳥インフルエンザ関係閣僚会議であいさつする加藤勝信官房長官(右端)=5日午前、首相官邸鳥インフルエンザ関係閣僚会議であいさつする加藤勝信官房長官(右端)=5日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 環境・生物・自然 社会 日本 四国 香川県