菅首相、3次補正編成を指示=新型コロナの追加経済対策

政治・外交

菅義偉首相は10日午前の閣議で、新型コロナウイルス感染拡大を受け、追加の経済対策を盛り込んだ2020年度第3次補正予算案の編成を指示した。21年度当初予算案と一体的な「15カ月予算」として打ち出すことで、新型コロナの影響による景気の落ち込みや雇用情勢の悪化に対応する。

首相は閣議で当面の経済財政運営に触れ、「わが国経済は持ち直しの動きが続いているものの、依然、コロナ前の水準を下回っている」と指摘。「感染拡大を抑えながら雇用と事業を支えるとともに、経済の持ち直しの動きを確かなものとし、民需主導の成長軌道に戻していく」と表明した。

具体的には、(1)新型コロナの感染拡大防止策(2)ポストコロナに向け経済構造の転換・好循環の実現(3)防災減災・国土強靱(きょうじん)化の推進―を柱として経済対策を策定するよう指示。その上で「3次補正予算を当初予算と一体として、いわゆる15カ月予算の考え方の下で編成する」との方針を示した。

政府・与党は来年1月召集の通常国会冒頭に提出、速やかな成立を目指す。規模について、与党内では10兆円を大きく上回る歳出を求める声が出ている。30兆円程度の大胆な財政出動が必要との見方もある。

3次補正には、観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンの延長や、雇用調整助成金の特例措置の継続などに必要な経費を計上する見通しだ。

首相官邸に入る菅義偉首相=10日午前、東京・永田町首相官邸に入る菅義偉首相=10日午前、東京・永田町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 政府・内閣 国会 労働・雇用行政 産業政策 観光 観光政策 日本