外国人コロナ感染「情報共有を」=上川法相

政治・外交

上川陽子法相は10日の閣議後記者会見で、外国人コミュニティーの新型コロナウイルス感染症対策について「(感染状況を)国と自治体が迅速に情報共有する仕組みが定まっていないので、リアルタイムで情報を共有する仕組みを構築する必要がある」との考えを示した。

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は9日の緊急提言で、外国人コミュニティーでクラスター(感染者集団)の早期検知が難しいなどと指摘していた。上川氏は「感染予防の徹底、発生時の迅速な対応などについて、関係省庁と緊密に連携を取り、対策強化を進めたい」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 法務行政 日本