自衛官シナイ派遣1年延長=ソマリア沖の海賊対策も―政府

政治・外交

政府は10日の閣議で、エジプトとイスラエルの国境地帯で停戦監視に当たる「シナイ半島多国籍軍・監視団(MFO)」への自衛官派遣について、来年11月末まで1年間延長すると決めた。2019年4月の派遣開始以降、延長は2度目。

ソマリア沖アデン湾での海賊対処行動についても、来年11月19日までの1年間延長を決定。09年から護衛艦やP3C哨戒機などを派遣している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) エジプト イスラエル 日本