政府、クラスター対策を強化=北海道GoToは継続

政治・外交 暮らし

政府は10日、首相官邸で新型コロナウイルス感染症対策本部を開いた。北海道をはじめ各地で新型コロナ感染者が急増する状況を踏まえ、菅義偉首相は「クラスター(感染者集団)の特徴に応じ、関係者が連携し、効果的な対策や支援を講じるなど、今までよりも踏み込んだクラスター対応を実施する」と表明した。

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は9日、全国的な感染者の増加傾向が見られるとして、クラスター対策強化などを求める緊急提言を公表。冬場を前に感染拡大への懸念が高まっている。

首相は対策本部で、分科会の提言を踏まえつつ、「感染増加地域では大規模・集中的な検査の実施や、クラスター対策専門家、保健師の派遣調整など、自治体の取り組みをしっかり支援する」と強調。感染防止策などの情報発信を一段と強化する方針も掲げた。

西村康稔経済再生担当相はこの後の記者会見で、北海道に加え、大阪府と愛知県で感染者数が増加傾向にあると指摘。東京都についても増加する可能性があるとして、各知事と緊密に連携する考えを示した。

一方、首相は10日の衆院本会議で、観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンに関し「現状では北海道を対象地域から外すことは考えていない」と説明。「対象地域をはじめ、(キャンペーンの)制度の内容は、感染状況を踏まえ、専門家の意見を頂きながら適切に運用する」と述べた。立憲民主党の中島克仁氏への答弁。

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する菅義偉首相(中央)=10日午後、首相官邸新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する菅義偉首相(中央)=10日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 北海道