森田氏、4選不出馬=「多選はよくない」―千葉知事選

政治・外交

千葉県の森田健作知事(70)は12日の記者会見で、2021年4月の任期満了に伴う知事選に4選出馬しない意向を正式に表明した。森田氏は「多選はよくない。(前回知事選で)3期目は集大成だと県民にお願いした考え通り、今ここで終止符を打つべきだと決めた」と述べた。

今後については「3月までは考えない」と任期満了まで職務に注力する考えを示した上で、「少し休んで4月になったらゆっくり旅行したい」と語った。

森田氏は俳優として活動後、1992年から参院議員を1期、98年から衆院議員を2期務め、09年3月の知事選で初当選した。

知事選をめぐっては、千葉市長の熊谷俊人氏(42)と元同県船橋市議の門田正則氏(73)が立候補を表明。過去2回森田氏を支援した自民党県連は、前スポーツ庁長官の鈴木大地氏(53)の擁立を検討したが、本人の意向を受けて断念し、県ゆかりの政治家を軸に候補者の選定を進めている。

千葉県知事選の4選不出馬を表明した森田健作知事=12日午前、同県庁千葉県知事選の4選不出馬を表明した森田健作知事=12日午前、同県庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 日本 千葉県