モリソン豪首相、17日に来日=菅首相と会談

政治・外交

加藤勝信官房長官は12日の記者会見で、オーストラリアのモリソン首相が17~18日に来日し、菅義偉首相と17日に会談すると発表した。覇権主義を強める中国を念頭に、インド太平洋地域での安全保障面の協力強化を確認する。自衛隊と豪軍の相互訪問時の法的地位などを定める「日豪円滑化協定」交渉も進展しそうだ。

菅首相が就任後、外国首脳を日本に迎えるのは初めて。加藤氏は「日豪は基本的価値と戦略的利益を共有する特別な戦略的パートナーだ。政治・安全保障、経済分野での協力を中心に議論する」と述べた。両首脳は17日に夕食会も予定する。

モリソン氏も12日、訪日を発表。「われわれは特別な戦略的パートナーであり、貿易や安全保障、防衛、技術の面で協力している」と述べ、帰国後に14日間の隔離が義務付けられる中で訪日する意義を強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 オーストラリア 日本