DX、温室ガス削減を重点支援=コロナ後の企業再生―成長戦略会議

政治・外交

政府は13日、成長戦略会議(議長・加藤勝信官房長官)の会合を開き、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた企業を対象に、デジタル技術で既存制度を変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)や、温室効果ガス排出削減などの取り組みを重点的に支援する方針を確認した。具体策について年内に中間とりまとめを行うとともに、今後作業が本格化する2021年度予算編成や税制改正に反映させる。

事務局が提示した改革案は、コロナ禍で企業の資金繰りを支えてきた政府支援について、「事業再構築を進める企業の支援に段階的に移行する必要がある」と明記した。加藤氏は会合で「従来のビジネスモデルの変革に取り組む事業者に支援を行う」と表明し、対象を改革意欲を持つ企業に絞り込む必要性を強調。関係閣僚に具体策の検討を要請した。

成長戦略会議で発言する加藤勝信官房長官(左)=13日午後、首相官邸成長戦略会議で発言する加藤勝信官房長官(左)=13日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース マクロ経済政策 産業政策 日本