社民分裂へ、立憲と合流容認=福島氏は残留―臨時党大会

政治・外交

社民党は14日、立憲民主党が呼び掛けた合流への対応を話し合う臨時党大会を東京都内で開き、合流希望者の離党を容認する議案を賛成多数で可決した。福島瑞穂党首は残留する考えを示しており、社民党の分裂は確実となった。週明けにも行う立憲との党首会談で結果を伝えた後、両党は円滑な移籍に向けた調整を進める。

大会後の記者会見で、福島氏は「残念ながら離党する人もいるが、議論には終止符を打ち、社民党として頑張っていきたい」と語った。

臨時党大会で立憲民主党合流希望者の離党を容認する議案を賛成多数で可決し、頑張ろう三唱をする社民党の福島瑞穂党首(中央)ら=14日午後、東京都千代田区臨時党大会で立憲民主党合流希望者の離党を容認する議案を賛成多数で可決し、頑張ろう三唱をする社民党の福島瑞穂党首(中央)ら=14日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本