RCEP、15日署名=菅首相「自由公正な経済圏広げる」―インド抜きで大筋合意へ

政治・外交 暮らし

菅義偉首相は14日、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定について、15日の首脳会合で署名すると表明した。昨年交渉から離脱したインドを除く、15カ国で大筋合意する見通し。アジアで巨大な自由貿易圏が誕生し、日本にとって中韓両国と初めて締結する自由貿易協定(FTA)となる。会合はテレビ会議形式で開かれ、日本からは菅首相が出席する。

首相は14日、記者団に、会合では「インドの将来の参加も含めて、自由で公正な経済圏を広げる日本の立場をしっかり発信したい」と語り、インドの復帰を呼び掛けていく意向を示した。

報道陣の取材に応じる菅義偉首相=14日午後、首相官邸報道陣の取材に応じる菅義偉首相=14日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国際会議 マクロ経済政策 税制 暮らし 通商政策 中国 インド 日本 韓国