新年一般参賀、中止の方向=新型コロナ感染拡大で―宮内庁

社会

毎年1月2日に皇居で行われる新年一般参賀について、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、来年は行わない方向で調整が進められていることが16日、宮内庁関係者への取材で分かった。新年一般参賀が中止となるのは、前年の昭和天皇の逝去を受けて行われなかった1990年以来。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本