「富岳」2期連続で1位=スパコン世界ランキング―理研など

科学 社会 技術

理化学研究所は17日、理研や富士通などが開発中のスーパーコンピューター「富岳」(神戸市)が、スパコンの計算速度を競う「TOP500」など四つの世界ランキングで、6月に続き2期連続の1位を獲得したと発表した。同日、オンラインで開かれた計算機科学に関する国際会議で公表された。

理研計算科学研究センターの松岡聡センター長は17日午前、記者会見し「富岳はすでに新型コロナウイルス対策で活躍しているが、今回のランキング1位は、さらに他の分野でも活躍していく証しだと思っている」と話した。

1秒当たりの計算速度は、約44.2京(京は1兆の1万倍)回で、フル稼働していなかった6月の約41.6京回からさらに向上。2位の「サミット」(米国)の約3倍で、大きく上回った。

TOP500のほか、産業利用や人工知能(AI)、ビッグデータ解析の用途別計算速度ランキングでも1位となり、2期連続の「4冠」を維持した。

スーパーコンピューター「富岳(ふがく)」=16日、神戸市中央区スーパーコンピューター「富岳(ふがく)」=16日、神戸市中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学技術(理系的) 科学 技術 社会 日本 兵庫県 神戸市