内定率69%、コロナで就活厳しく=過去2番目の落ち込み―21年大卒

経済・ビジネス

厚生労働省と文部科学省は17日、2021年3月卒業予定の大学生の就職内定率が10月1日時点で69.8%となり、前年の同じ時期より7.0ポイント低下したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい就職活動を強いられ、10月時点では15年以来5年ぶりに70%を割り込んだ。低下幅はリーマン・ショック後の09年調査(7.4ポイント)に次ぐ過去2番目の大きさ。

10月時点の内定率は10年(57.6%)を底に上昇基調をたどってきたが、今年は「売り手市場」の就職環境が一変した形だ。新型コロナの影響などで業績が悪化した企業が採用を抑制していることに加え、感染予防で「多くの企業説明会が中止になり、大学側が十分に支援することができなかった」(厚労省)とみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・失業 日本