保険証とマイナンバーカード統合を=自民、デジタル庁に若手登用も提言

政治・外交 暮らし

自民党のデジタル社会推進本部は17日の会合で、政府が設置を目指す「デジタル庁」に必要な提言を取りまとめた。将来のマイナンバーカードと健康保険証の完全統合を提唱。18日に平井卓也デジタル改革担当相に提出する。

提言は新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに、各種給付をめぐる煩雑な手続き、診療、教育へのオンライン対応の遅れなどが顕在化したと指摘。「国民が利便性を実感できる改革が重要だ」と訴えた。

具体的には、デジタル庁を内閣直属とし「強い権限を有した常設組織」とするよう要請。「これまでの霞が関の組織文化・前例にとらわれない人材配置」を目指し、官民を問わず若手を幹部に登用すること、今後5年間の改革工程表と10年後の「大きなゴール」を年内に示すことも求めた。

自民党のデジタル社会推進本部であいさつする本部長の下村博文政調会長(奥右から2人目)=17日午後、東京・永田町の同党本部自民党のデジタル社会推進本部であいさつする本部長の下村博文政調会長(奥右から2人目)=17日午後、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本