公明党の斉藤副代表が出馬表明=衆院広島3区、自民県連反発

政治・外交

公明党の斉藤鉄夫副代表(68)=衆院比例代表中国ブロック=は19日、広島市で記者会見し、次期衆院選に広島3区から出馬すると正式表明した。現職は、昨年の参院選に絡む買収事件で自民党を離党し、公判中の元法相河井克行被告。新たな候補を公募している自民党県連は反発した。

斉藤氏は会見で「強い政治不信に対し再び信頼を取り戻す。与党としての議席を守っていく」と強調。「政治家人生の総決算としてやる決意だ」と意気込みを語った。自民の独自候補擁立方針に関しては「一生懸命、理解していただくよう努力する」と述べた。

公明党は同日の中央幹事会で、斉藤氏の公認を決定。この後、山口那津男代表が首相官邸で菅義偉首相(自民党総裁)に伝えた。山口氏は記者団に、首相は「うなずいて聞いていた」とした上で、「大事なことは与党としての議席確保だ。連立政権を維持するため、基本的な選挙協力はこれまで以上に取り組む」と語った。

記者会見で広島3区への出馬を表明した公明党の斉藤鉄夫副代表=19日午後、広島市記者会見で広島3区への出馬を表明した公明党の斉藤鉄夫副代表=19日午後、広島市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党 日本 中国 広島県 広島市