香川でまた鳥インフル=6養鶏場、85万羽殺処分

政治・外交

香川県は20日、三豊市の2カ所の養鶏場で致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザが発生したと発表した。県は、発生農場と同じ車両の出入りがある養鶏場を含めた計6カ所の約85万羽を殺処分する。

県によると、19日に2農場から死んだ鶏が増えたとの報告を受け、簡易検査を実施したところ鳥インフル陽性を確認。その後の遺伝子検査で高病原性の疑いがあると分かった。

今回の発生2農場は、これまでに感染が確認された養鶏場から半径3キロ以内にある。ほかの4農場は、感染は確認されていないものの、ウイルスが侵入している可能性があるため殺処分の対象となった。

三豊市では5日、国内の養鶏場としては2年10カ月ぶりとなる高病原性鳥インフルが発生。その後も感染確認が続いている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 日本 四国 香川県