「GoTo」見直し提言=感染地域対象、営業を短縮―リスクに警鐘・コロナ分科会

政治・外交 社会 暮らし

政府は20日、新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)を東京都内で開いた。爆発的な感染拡大の危険性が指摘される現状を踏まえ、国の需要喚起策「Go To」キャンペーンについて、感染拡大地域を対象に適用除外などの見直しを提言。自治体に対して営業短縮や移動自粛の要請を求め、住民向けの夜間外出自粛要請も盛り込んだ。

分科会は提言で、感染者が急増した状況などを指す「ステージ3」に該当しつつある都道府県があると指摘。家庭内や職場、会食での感染の増加により「感染源の特定やクラスター(感染者集団)の調査がさらに困難になる」と強調し、社会全体の感染リスクの高まりや医療提供体制の逼迫(ひっぱく)に警鐘を鳴らした。

尾身会長はこの後の記者会見で、ステージ3に近づきつつある地域として東京都や大阪府を挙げ、札幌市は既にステージ3に入ったとの認識を示した。

新型コロナウイルス感染症対策分科会であいさつする西村康稔経済再生担当相=20日午後、東京都千代田区新型コロナウイルス感染症対策分科会であいさつする西村康稔経済再生担当相=20日午後、東京都千代田区

新型コロナウイルス感染症対策分科会を終え、記者会見する尾身茂会長=20日午後、東京都千代田区新型コロナウイルス感染症対策分科会を終え、記者会見する尾身茂会長=20日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本