菅首相「東京五輪へ全力」=TPP拡大目指す―APEC

政治・外交 経済・ビジネス

菅義偉首相は20日夜、オンライン形式で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席した。来年夏に延期された東京五輪・パラリンピックについて「安全、安心な形で開催するため全力で取り組む」と表明。新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた経済の立て直しに向け、自由貿易を推進する方針を強調した。

首相は「国際的なルールの下での貿易・投資の自由化と連結性の強化が『自由で開かれたインド太平洋』を支える」と指摘。APEC参加国・地域をメンバーとする経済統合構想「アジア太平洋自由貿易圏」(FTAAP)の実現に向けて「環太平洋連携協定(TPP)の拡大を目指す」と述べ、米国のTPP復帰に期待を示した。

オンライン形式で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)関連行事「CEO(最高経営責任者)との対話」にビデオメッセージを寄せた菅義偉首相=20日(EPA時事)オンライン形式で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)関連行事「CEO(最高経営責任者)との対話」にビデオメッセージを寄せた菅義偉首相=20日(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 通商・貿易・対外投資 日本