対コロナ、G20結束訴え=往来再開へ努力―菅首相

政治・外交

菅義偉首相は21日夜、オンライン形式で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した。新型コロナウイルス対策や世界経済の回復、コロナ後の国際秩序づくりに向けて「G20が主導していくとのメッセージを明確に打ち出すべきだ」と述べ、結束を呼び掛けた。

首相は新型コロナのワクチン供給などに関し、国際協調の重要性を強調。経済活動を活性化させるため、感染拡大防止に万全を期した上で各国との人の往来再開に努力する考えを示した。

コロナ禍によって浮き彫りになった日本のデジタル化の遅れを踏まえ、首相は「デジタル庁」を設立して対応する決意を表明。データ流通に関する国際的なルールづくりを推進する方針も説明した。

来年夏に延期された東京五輪・パラリンピックについては、「人類がウイルスに打ち勝った証しとして開催する決意だ。安全、安心な大会を実現する」と述べ、各国の理解を求めた。

オンライン形式で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した菅義偉首相=21日夜、首相官邸(内閣広報室提供)オンライン形式で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した菅義偉首相=21日夜、首相官邸(内閣広報室提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際会議 日本