新年参賀の見送り決定=新型コロナ感染防止で―宮内庁

社会

毎年1月2日に皇居で開かれる新年一般参賀について、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、来年は実施しないことが正式に決まった。宮内庁が27日発表した。新年参賀が開かれないのは、昭和天皇の逝去を受けて見送られた1990年以来。

皇居での一般参賀は例年、1月2日と天皇誕生日に行われており、平成以降の新年参賀では少ない年でも5万人が皇居を訪れた。大勢が集まって密集状況が避けられないため、令和最初の天皇誕生日だった今年2月の参賀は直前に見送りが決まった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本