遊漁船と貨物船衝突、1人死亡=12人海に、4人骨折―茨城・鹿島港

社会

28日午前5時35分ごろ、茨城県・鹿島港付近で「遊漁船と貨物船が衝突し、数人が海に転落している」と118番があった。鹿島海上保安署によると、遊漁船の乗客ら12人全員が海に投げ出され、東京都内に住む男性(46)の死亡が確認された。4人が骨折などのけがで、7人は軽傷。遊漁船は船首を海面に残し、ほぼ水没状態という。

衝突したのは、遊漁船「第五不動丸」と貨物船「はやと」(498トン)。はやとの乗組員5人にけがはなく、航行にも支障はないという。海保が衝突の原因などを詳しく調べている。

貨物船と衝突し、ほぼ水没した遊漁船「第五不動丸」の船首(写真中央)=28日午前(鹿島海上保安署提供)貨物船と衝突し、ほぼ水没した遊漁船「第五不動丸」の船首(写真中央)=28日午前(鹿島海上保安署提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 日本 茨城県 東京都