PCRセンター、30日開設=中部空港、3時間で陰性証明

社会 暮らし 政治・外交

愛知県は28日、中部空港(同県常滑市)で30日に開設する新型コロナウイルスのPCR検査センターを報道陣に公開した。渡航者の検体採取から約3時間で陰性証明書を発行する。空港内に検査ラボを備えたPCRセンターが設置されるのは成田に次いで2カ所目。

学校法人、藤田学園(同県豊明市)が運営する空港診療所に併設されたセンターで1日当たり最大約100件を検査する。事前予約が必要で、証明書発行を含む検査料は3万8500円。センターには検体採取ブースが二つあり、同時に12検体まで判定できる検出機器を2台導入した。年中無休で午前9時から午後5時まで。

報道陣に公開された中部空港のPCR検査センターの機器=28日午前、愛知県常滑市報道陣に公開された中部空港のPCR検査センターの機器=28日午前、愛知県常滑市

中部空港のPCRセンターで公開された検体検査の実演=28日午前、愛知県常滑市中部空港のPCRセンターで公開された検体検査の実演=28日午前、愛知県常滑市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本 東海 愛知県