データ中継衛星打ち上げ成功=H2A・43号機で―三菱重

科学 社会 技術

三菱重工業は29日午後4時25分、「光データ中継衛星」を、鹿児島県・種子島宇宙センターからH2Aロケット43号機で打ち上げた。約30分後、所定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。

同衛星は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発を進める衛星同士の高速通信技術を実証する。静止軌道を周回し、高度数百キロに位置する地球観測衛星からのデータをレーザー光を使った高速通信で受け取り、地上局へ転送する。常に日本の上空にあるため、データを地上に送る時間を増やすことができる。

光データ通信衛星を搭載し、打ち上げられるH2Aロケット・43号機=29日午後4時25分、鹿児島県・種子島宇宙センター(三菱重工業提供)光データ通信衛星を搭載し、打ち上げられるH2Aロケット・43号機=29日午後4時25分、鹿児島県・種子島宇宙センター(三菱重工業提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学 宇宙 技術 社会 日本 九州 鹿児島県