「養鶏王国」宮崎でも鳥インフル=4万羽を殺処分へ

社会

宮崎県は1日、日向市の養鶏場で致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザが発生したと発表した。養鶏場での感染確認は香川、福岡、兵庫各県に続いて今年4県目。宮崎はブロイラー飼育数全国首位の「養鶏王国」で、感染が広がれば地元経済に大きな打撃を与える恐れがある。

宮崎での発生は、2017年1月以来。県は感染拡大を防ぐため、この養鶏場で飼育する鶏約4万羽の殺処分を開始した。鶏や卵の移動を禁じる発生地から半径3キロ以内に他の養鶏場はないが、3~10キロ圏内にある16農場では圏外への持ち出しを制限する。16農場で計約55万羽が飼育されている。

県によると、11月30日に死んだ鶏が増えていると養鶏場から連絡があり、県の家畜保健衛生所が簡易検査を実施したところ、10羽が鳥インフル陽性反応を示した。その後の遺伝子検査でH5亜型のウイルスが検出された。

鳥インフルエンザが発生した宮崎県日向市の養鶏場で未明から殺処分作業を行う県職員ら=1日(宮崎県提供)鳥インフルエンザが発生した宮崎県日向市の養鶏場で未明から殺処分作業を行う県職員ら=1日(宮崎県提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 社会 日本 九州 宮崎県