住宅ローン減税、特例22年末まで=教育資金の贈与税非課税も―政府・与党

政治・外交 暮らし

政府・与党は1日、消費税増税対策として導入した住宅ローン減税の期間を通常より長い13年間とする特例措置をめぐり、原則として2020年末までの入居期限を22年末まで延長する方向で最終調整に入った。10月の新設住宅着工戸数が前年比8.3%減に落ち込むなど、新型コロナウイルスの影響が大きいため、低迷する需要を税制面で下支えする。

また、教育資金の一括贈与に対する贈与税非課税措置も延長する方針だ。いずれも21年度の与党税制改正大綱に盛り込む。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 税制 暮らし 日本