護衛艦新造、政府が中旬に閣議決定=ミサイル対処主任務

政治・外交

政府は3日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策として、弾道ミサイル対処を主任務とする護衛艦2隻の新造を今月中旬にも閣議決定する方針を固めた。複数の政府・与党関係者が明らかにした。同日開かれた国家安全保障会議(NSC)4大臣会合でこうした方針を確認したとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 北朝鮮