安倍氏、「桜」聴取に応じる意向=記者会見も検討

政治・外交

安倍晋三前首相は4日、自身の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭をめぐる疑惑で、東京地検特捜部による任意の事情聴取に応じる意向を示した。事実関係を説明するため、捜査が一段落した段階で、記者会見などを検討する考えも明らかにした。国会内で記者団の質問に答えた。

安倍氏は、特捜部の聴取要請について「まだ何も聞いていない」としつつ、「真実を解明することは大切だ。基本的に誠意をもって対応していく」と表明。「捜査など対応が決まった段階で、お話しできることはお話ししたい」とも語った。

公設第1秘書が特捜部の聴取に前夜祭の費用補填(ほてん)を認め、自身の首相在任時の国会答弁と食い違いが生じていることに関しては「その段階で私が承知していた、事実と思われることについて答弁した」と釈明。ただ、詳細の説明は「捜査の結論が出る前に申し上げることは適切ではない」と拒否した。

立憲民主党などが求める国会招致についても「捜査が続いている段階で申し上げることはない」と述べるにとどめた。

「桜を見る会」をめぐる問題について記者団の質問に答える安倍晋三前首相=4日午後、国会内「桜を見る会」をめぐる問題について記者団の質問に答える安倍晋三前首相=4日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政党 日本