広島で鳥インフル=国内6県目

政治・外交 社会 暮らし

広島県は7日、同県三原市の養鶏場で、致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザが発生したと発表した。広島県で確認されるのは初めて。全国では今年、香川、福岡、兵庫、宮崎、奈良に続く6県目の発生となる。

広島県はこの養鶏場と、経営者が同じで共通の人が出入りしている別の養鶏場の2カ所で計約13万4000羽を殺処分する。半径10キロ圏内で飼育されている約90万6000羽については、圏外への持ち出しなどを制限する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 安全・危機管理 社会 食=美食・食の安全 暮らし 日本 中国 広島県