政府、北海道と大阪に自衛隊派遣へ=菅首相「病床逼迫に危機感」―新型コロナ

政治・外交

菅義偉首相は7日の政府・与党連絡会議で、新型コロナウイルス感染拡大に関し、「重症者向けの病床が逼迫(ひっぱく)しており、強い危機感を持って対応している」とした上で、「自治体からの要請があれば自衛隊を直ちに派遣できる体制を整えており、最大限の支援を行っていく」と表明した。政府は北海道と大阪府に対し、近く自衛隊の医官・看護官を派遣する方針だ。

加藤勝信官房長官はこれに先立つ記者会見で「大阪府、北海道と緊密に連携し、重症者や死亡者の発生を食い止めるため、感染拡大の防止に全力で取り組む」と強調した。

記者会見する加藤勝信官房長官=7日午前、首相官邸記者会見する加藤勝信官房長官=7日午前、首相官邸

「大阪コロナ重症センター」の視察後、自衛隊の看護官派遣を要請したことを明らかにする大阪府の吉村洋文知事=7日午前、大阪市住吉区の大阪急性期・総合医療センター(代表撮影)「大阪コロナ重症センター」の視察後、自衛隊の看護官派遣を要請したことを明らかにする大阪府の吉村洋文知事=7日午前、大阪市住吉区の大阪急性期・総合医療センター(代表撮影)

政府・与党連絡会議であいさつする菅義偉首相(左から2人目)=7日午後、首相官邸政府・与党連絡会議であいさつする菅義偉首相(左から2人目)=7日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本 北海道 大阪府