有馬朗人氏死去、90歳=元東大学長、文相

社会 文化 政治・外交 暮らし 科学

元東大学長で文部相などを務めた物理学者の有馬朗人(ありま・あきと)氏が7日午前、東京都世田谷区の自宅で死去したことが関係者への取材で分かった。90歳だった。大阪市出身。

東大理卒。原子核構造の研究を専門とし、1989年に同大学長に就任。93年から理化学研究所理事長を務めた。

橋本龍太郎首相(当時)に請われ、98年参院選に比例代表で出馬し初当選。当選直後に小渕内閣の文部相に起用され、「ゆとり教育」推進や高等教育の研究費拡充などに力を入れた。その後、科学技術庁長官を兼務。参院議員は1期で引退した。

両親の影響で幼い頃から俳句に親しみ、自らの句集も出版。国際俳句交流協会の会長として、俳句の世界遺産登録を目指し活動した。2004年に文化功労者に選ばれ、同年に旭日大綬章、10年に文化勲章を受章した。

元東大学長の有馬朗人氏元東大学長の有馬朗人氏

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 社会 国会 教育 暮らし 訃報 科学技術(理系的) 科学 技術 日本 大阪府 大阪市